HOME>イチオシ情報>ニーズに合わせた選び方と重視するポイント

特徴と違いを把握しよう

医大生

医学部受験に対応する予備校には、医学部だけに特化しているところと、他の学部にも対応しているところの2つがあります。医学部受験のみに特化している予備校では、小論文や面接といった部分まで細かく指導する傾向が強いです。一方、他の学部の受験にも対応している場合には、同じレベルの難関校の志望者を対象にしたコースを設けることになるので、学力の向上に力を入れている場合が多くなります。料金面では、他学部志望の場合と比べ、医学部のコースは高くなりがちです。通い始めたものの、合わずに止めてしまったり、受験間近で予備校を変更したりといったことがない様、しっかり選ぶことが欠かせません。複数の医学部を受験するのか、他の学部も受験するのかで選択肢は変わります。ニーズに合わせて予備校を選ぶことが大切です。

通いやすさを考えよう

男女

予備校は、長期に渡って通うことになる場合が殆どですから、通いやすさを重視することも欠かせません。どれだけ評判の良い予備校でも、通う為に大部分の時間が取られる様では疲れ切ってしまい、授業の内容は頭に入って来ないのではないでしょうか。日々の生活に支障が出ない様、通いやすさという点についてもしっかり考えることが大切です。また、複数の予備校に通う人もいますが、医学部の予備校は授業がハードなことも少なくありません。予習や復習をする時間も必要になりますし、移動にかかる時間も増えますので、通うことのメリットだけでなくデメリットについても考えることが大切です。

講師に注目しよう

病院外観

人気の高い講師や目当ての講師がいる場合、予備校を決める材料になることも少なくありません。けれど、予備校に通えば、必ずしも希望する講師の授業を取れるというわけではないので注意が必要です。特に、名の通っている講師の授業は人気が高く、受講人数が制限されてしまうことも珍しくありません。医学部受験の様に難関になればなるほど、どこで習うかよりも誰に習うかが大切になります。予備校選びの際は、講師についても注目することが大切です。

広告募集中